実はDUCATI streetfighter ブログ

プロフィール

俊

Author:俊
■生年月日、出生地■
1983.2.8 京都府
■好きな物、事■
バイク/車/モータースポーツ/サッカー
写真/酒/旅/アイス/ソフトクリーム
■相棒■
YAMAHA YZF-R1 2005
Honda civic TypeR(FD2)
DUCATI street fighter S 2010

FC2カウンター
最近の記事+コメント
ブログランキング
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


R1メモリーズ2006 GW編
Category: YZF-R1  
ようやくHDD見つけたw
ってなわけでR1メモリーズ2006いくお!
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  R1の年式は2005年式だけど
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  納車したのは12月だから2006年からだお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\ 2006年のゴールデンウイークは
     |   u.   `Y⌒y'´    |  中日本をぐるっと回るキャンプツーリング行ったお
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


DSCN0703.jpg


       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:  大荷物乙w
  :|    { l/⌒ヽ    |:  まあ、初日の夜までテントすら張ったこと無かったので
  :\   /   /    /:   しょうがないかもしれんお


     ____
   /      \
  /  ─   ─\   しかし、よくそんなんでキャンプツーなんてできたなw
/    (●)  (●) \  これも勢いがなせる技かお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


DSCN0742.jpg
合掌造りで有名な白川郷も行きました。


2006 GW 行った県と主な名跡など
埼玉(自宅)

栃木(日光、いろは坂)

群馬(金精峠) 一泊

新潟(親不知)

富山(通過のみ)

石川(通過のみ)

岐阜(白川郷) 一泊

愛知(通過のみ)

静岡(千本松原) 一泊

神奈川(箱根ターンパイク)

東京(通過のみ)

埼玉(自宅)



解説
2006年GW、「学生の時期にしか出来ないことを」
と思い、今までやったことも無いキャンプツーリングをしようと思い立ち
やっすいテントと寝袋を買った所から旅は始まりました。

今まで未体験の土地に行くという高揚感。
これを求めて今でもバイクでロングツーリングをしているんだと
自分では思っています。

初日は埼玉の自宅から霧降高原道路(この時はまだ有料だった。しばらくして無料化...くそっ!w)
を通り、まだ残雪の残る奥鬼怒林道を抜け戦場ヶ原へ
昔の職場の人にもらった革ジャケが無ければ、帰宅の道を選んでいたであろう...
というくらい寒かった。

金精峠を抜けるとそこはもう群馬県
片品村という尾瀬の麓の村のキャンプ場に行った。
狭い道で道を間違えたことに気がつきUターン

...ガシャーン

初立ちゴケでした。
荷物満載すぎて一人じゃ起こせないので、バイクは横倒しのまま荷物を解いていく
なんとも間抜けな感じだ。先が思いやられる。

なんとか起こして、荷物を再度くくりつけキャンプ場到着。
天気が悪いのも手伝ってか、キャンプするやつなんか自分一人の様だった。
管理人のおじさんが、「雨降るかもしれないからコテージ使っていいよ」と言ってくれた
ありがたい。
初キャンプが雨なんて、そんな過酷なイベントは避けたいからね
バイクも屋根の着いた物置に停めさせてくれ、近くの温泉の割引チケットもくれた。
体がかなり冷えていたので早速温泉へ
花咲の湯...だったかな?
お風呂はあまり覚えていないが、食堂で食べた蕎麦が美味しかった
あと、初めてふきのとうの天ぷらを食べた
このほろ苦さが春の味ってやつなんだろうなあ。
としみじみと感じた。

翌日、コテージの窓から外を見ると雨が降っていた
しばらくすれば止むかもしれないと思って昼頃まで粘ったが、雨は降り続けた
諦めてカッパを着込んで出発。
管理人のおじさんは出掛けているみたいでいなかった。

雨が降っているので、東洋のナイアガラと呼ばれる吹割の滝には寄らなかった。
沼田ICから関越道に乗り新潟方面へ
実は、このツーリングでは初日の道以外は全てアドリブで気の向くままに走っている。
これが出来るのがキャンプツーリングの魅力でもあると思う。

どこだか忘れたが、新潟県内のICで降りた。
それからひたすら日本海沿いに西に進んだ。

天気は雨が降ったり止んだりでどんよりとした雲に心まで暗くなるようだった。
昼頃の出発なのでそんなに距離も延ばせず、能生の道の駅に併設されているキャンプ場で人生初のテント張りをした。
暗闇の中だったが、無事に張れたらしい
なにぶん初めてなもので、正解というものが分からない。
芝生のサイトは濡れていたが、夜に雨が降ることも無くなかなか快適に過ごせた
自分のテント泊耐性は問題ないレベルのようだ

3日目の朝
雲はまだ多いが、昨日よりは雲の隙間から差す光が多い
顔を洗いに炊事場へ行くと、二人組のおじさんライダーに話しかけられた
「どこから来たの?」「どこへ行くの?」「おれらは○△□」
福島から来たというおじさん二人は訛りが非常に強く7割くらい何言ってるかよくわからなかった。
温かい缶コーヒーあげるというので見ていると、缶コーヒーを直火に投げ込んでいる。

自分のは大丈夫だった。
おじさんAのも大丈夫だった。
おじさんBのはあけた瞬間に中身が吹き出した。
そりゃそうだろう...

愉快なおじさん達と別れてさらに日本海沿いを西へ向かった。
親不知の道の駅で名物の汁物を飲んでいると、またおじさん達に会った
まあ、同じルートですからね。

...今、ふと思った。
おじさん達地震大丈夫だったかな?

さらに進むと富山県に入った。
この頃には快晴になっており、爽やかな風を受けてバイクに乗るのも楽しくなってきた。

しばらくして地図を見ると、このままでは富山市内を抜けることになっていたので
高速を使うことにした。
富山を抜け、石川に入った所で次はどこに行こうか考えた。
ツーリングマップルを見ると合掌造りの白川郷が近いのでそこに行くことにした。
富山に戻り、東海北陸道で南下。
あっという間に着いた気がする。
まず、白川郷にあるキャンプ場にチェックイン
テントを張って、荷物を入れてしまう。
桜の木があり、まだ桜の花が咲いていた。地面には雪も残っている。
この時もうちょっと用心しておけば、あんな悲劇は防げたのに...

身軽になって白川郷見学。
白川郷と一言で言っても、家が点在している集落いくつかを総称して白川郷と言うらしい。
石見銀山と同じだね。

いくつか回って、飛騨牛の串焼きやら岩魚定食やら食べ歩いた。
道の途中で温泉施設を発見したので、暗くなるまでだらだらしていた。
夜、日もとっぷり暮れた頃にキャンプ場に帰り、あとは寝るだけ。おやすみなさい

...眠れない
寒すぎるのだ
よく考えたら桜の花が咲いていて、残雪が残っている
テントや寝袋は安い夏用
山を甘く見ていた。。。
結局、持ってきた服を重ね着してさらに革ジャケを着込んで寝袋の中で丸まって
早く日が昇ってくれ!
と念じながら日が昇るのを待った。
結局2時間くらいしか眠れなかったような気がする。
なんとか朝が来た
こんなに朝が待ち遠しかったことは人生でも初かもしれない
荷物をまとめて走り出す
ほどなくして、日本のへそという所に着いた。
記念館のようだが駐車場は閑散としていた。写真だけ撮って退散。
ここから中央道を使うか東名を使うか選択肢はあったが、東名を選んだ
愛知、静岡と抜けて埼玉へ帰ろう。

愛知は混みそうだから、高速で飛ばした
途中のSAでてんむすを食べた。
愛知は食文化が変わっていて面白い。一度ゆっくり回ってみたいと思う。

静岡の沼津で降りて、千本浜へ
砂浜にキャンプ客のテントが張ってあったので、自分もその砂浜にテントを張った。
テントを張って荷物をテントの中に入れたら、いつも通り温泉に行ってそれからご飯を食べた。
その時食べた桜えびの天ぷらは絶品だったと思う。
昨日とは違い、砂の上の寝床は柔らかくて大変眠りやすかった。
後片付けは大変だけど、砂上キャンプは快適でいい。
昨日の分を取り返すようによく眠った。

翌朝、国道1号線をひたすら東へ
箱根に来てみたが霧が出ていて景色は全く見られなかった。
ターンパイクを抜け、西湘バイパスを抜けて再び東名へ
そこからはノンストップで走り続け帰宅。

大変なこともあったが、色々な人に出会い、話
色々な土地へ行き、五感で味わった。
こんな体験はバイクでなければ出来ないであろう。

次の夏休みはどこへ行こう?


すでに次のことを考えていた。


にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク


Comments

学生時代にR1買えたなんてすんごいですな。
そうしさん>
R1は学生になる前に買いましたよo(^▽^)o

学生の前は一応働いていたので(笑)

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。